面白ければそれでいい。読めよ、読めばわかるさ。土佐の高知発!カルトな日記でおじゃるよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
★★竜馬ネタじゃき!
■第2回映画プレビュー



「竜馬」特集



坂本竜馬に関する映画やTV作品は数多くありますが、竜馬役を演じた俳優さんには過去にこんな方たちがいました。superwildsoulが昔見た作品や、最近ビデオやDVDを借りてきて見た作品それぞれの感想と共に、どーぞご覧くださいませ。

        yorokin神竜馬

■映画「竜馬がゆく」

萬屋錦之介!略して「ヨロキン」の竜馬は、内容よりも顔のでかさがとても気になります。だってどう見ても3頭身半?しかありませんから~~~っ!「ううっ頭が、重いぜよ~!」


■TVドラマ①「竜馬がゆく」

上川隆也さんの竜馬はぱっと見には、実際の竜馬に一番近いような気がします。が、上川さんは「大地の子」で演じた中国青年(実際は中国残留孤児)陸一心のイメージが強すぎるのか?演技もうまいし土佐弁も悪くないのですが、「なんか違うよな~?」と自分的には思ってしまうのです。それだけ「大地の子」がハマリ役で、良かったせいなのかもしれません。

ちなみに余談ですが、「白い巨塔」「華麗なる一族」そして「大地の子」原作者の山崎豊子さんは、陸一心役として最初あの郷ひろみを使いたいと考えていたようです。

大地の郷2

NHKが郷さんを選ばず、上川さんを起用したのは大正解でした。【郷さん主演の「大地の子」は、ちょっと想像がつきません】






     イチカワ浜田量

■TVドラマ②「竜馬がゆく」

市川染五郎(松たか子の兄)演じる竜馬ですが、最初はあまり期待してませんでした。アマゾン等のレビューを見ても、あまり良くは書かれてません。
ところがですね~、市川竜馬すごくいいんですよね。まず土佐弁がもう完璧!!同じ高知県人が聞いても全く違和感がありません。最高にうまいです。しかも演技がかなり熱い!自分の中では一番のオススメ竜馬です。ちなみにこのドラマには、妹の松たか子と父親の松本幸四郎も共演していて、親子総出演のドラマになってます。
長時間ドラマと言うこともあり、全部見るのはなかなか大変ですが、竜馬のドラマを見たくなったら・・・この一本がオススメです。


■TVドラマ③「竜馬におまかせ」

脚本はあの三谷幸喜でしたが、あまりにも視聴率が低いまま終了したため?ビデオやDVD化はされませんでした。
ダウンタウンの浜ちゃんの演じる竜馬ときたら、もう違和感たっぷりです。台詞だって土佐弁どころか、関西弁?でしゃべりまくっています。岡田以蔵をあの反町隆史が演じている事にもびっくり!さらに相棒の松本ひとしが、ちょくちょく町娘に扮して登場してくるのもご愛嬌です。
最初からナンセンスでばかばかしい!ギャグドラマと割り切って見る分には、それなり?に楽しめる作品だと思います。とはいっても再放送されないかぎり、見ることはできませんが・・・






     真田竜馬harada

■TVドラマ④「坂本竜馬」

真田広之演じる竜馬はかっこよすぎです。だって、竜馬はこんなに2枚目じゃあないですから~~っ!

         ryouma2maime

作品の方も無難にまとめてるな?という感じが否めません。
ただ、他の出演者の顔ぶれがいいです。おりょう役に名取裕子。武市半平太に三浦友和。西郷隆盛に松方弘樹。そして人斬り以蔵を、なんとあの竹中直人(お笑い?)が演じてます。


■映画「竜馬暗殺」

あの強面(コワモテ)の原田芳雄演じる坂本竜馬は、ちょっと渋すぎます。ちなみに映画自体は、竜馬が暗殺されるまでの3日間に焦点を絞って、独自解釈で描いた異色作です。中岡慎太郎に石橋蓮司。竜馬を狙う刺客を、あの松田優作様が演じてます。それにしても出演者の顔ぶれが、ちょっと濃すぎるのが難点です。(白黒だし~)






■竜馬のトリビア

★漫画「巨人の星」に竜馬の名が出てくる?

あの「巨人の星」の中で、特訓中に弱音を吐く飛雄馬に対して、親父の星一徹の放った!こんなセリフがあるらしい・・・・?
(ただし検証画像はありません。ごめんなさいませ!)



「飛雄馬よ!坂本竜馬のように、倒れても前を向け。」


       
          kyojinnohosi
        巨人の星ならぬ、阪神の星?




★竜馬は剣の達人ではなかった?

司馬さんの小説や一般的には、「北辰一刀流免許皆伝」の腕前と紹介されてます。が残念ながら、竜馬は「一刀流免許皆伝」を授かっていません。千葉周作の道場に3年以上もいたのだから、免許皆伝の腕前ではあったと思うのですが、なぜか免許皆伝には至っていないのです。ただ竜馬は、同じ千葉道場から長刀(なぎなた)兵法の目録の方は、しっかり授かってました。

mokuroku



★映画「幕末青春グラフィティ RONIN」の前

に、同じタイトルのTVドラマが存在した?


坂本竜馬の大ファンとして有名なあの武田鉄矢が、1986年に自ら脚本・監督・主演をつとめた映画作品が、「幕末青春グラフィティーRONIN」でした。
        gurafu

ところが「幕末青春グラフィティーRONIN」が映画化される4年前(1982年)に、ほぼ同じタイトルで、幻のテレビドラマが放送されてたのです。それが、こちらっ!   

             taitoruronin

このTV版「幕末青春グラフィティー坂本竜馬」の主演は武田鉄矢で、高杉晋作役には映画と同じ吉田拓郎。それに加えて、あの井上陽水が桂小五郎役を演じてます。

さらに今は亡きあの夏目雅子が、おりょう役で出演してました。また沢田研二や島田伸介・松本竜助などもゲスト参加していて、なかなかバラエティあふれる?顔ぶれが揃ってたようです。


        ruou

        yousui2

        youdou1
 
     ※なんとあのビートたけしが、土佐藩のお殿様「山内容堂公」を演じてます!


それにしてもこの作品ですが、ビデオやDVD等の商品化は一切されてません。(理由は不明??)

今後も商品化される予定はないとのこと。まさに門外不出・完全お蔵入りのドラマとなってます。もちろんTVでの再放送の予定も、おそらくこの先ずっとないでしょう。だけど見られないとなると、余計に見てみたくなるものでして・・・・・・・

         

       どうかTV局の関係者のみなさま~~!



「お願いですから、幕末青春グラフィティー

坂本竜馬を再放送してくだせえ~!」

スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:20 | トラックバック:0 |
◆◆「なめたらあかんぜよ~~!!」
珍・土佐日記のカテゴリの中で、唯一空白なのが「映画」のジャンルでした。
そこで今回は、土佐の高知にまつわる映画をあえて紹介したいと思います。

高知を舞台にした映画の代表作といえば・・・・・・?
直木賞作家「宮尾登美子」作品の一連の映画化作が有名です。

             tomikoo

※宮尾登美子・・・1926年生まれの現在80歳。直木賞作家。


「鬼龍院花子の生涯」・「陽暉楼」・「寒椿」・「夜汽車」・・・

   kiryuuyoukiroukanyogisya

などなど、こじゃんといっぱい映画化されてます。リアルタイムで見た人も、後からTV放送で見た人も含めて、この内の何れかの作品を、一度は見たことあるんじゃあないかと思うのですが・・・

この中の「陽暉楼」や「鬼龍院花子の生涯」などに、必ず出てくる土佐の遊郭街があります。ひとつは当時、西日本最大の遊郭と言われた「陽暉楼」(現:料亭得月楼)であり、もう一つは庶民的な遊郭街の玉水楼(現在の玉水町界隈)でした。もちろんこの2つはいまも現存しています。


◆現在の玉水町(今は8軒ほどの旅館が、水路沿いに立ち並ぶものの、ものすご~く寂れてます)

tamamizu



◆「陽暉楼」:現在の料亭・得月楼さんですが、こちらは元々「陽暉楼」の別館でした。本館の「陽暉楼」の建物自体は、今は残念ながら存在しないのですが、もし残っていたとしたら、それはもう素晴らしい建物だったに違いありません

※明治3年創業。当初は得月楼、後に「陽暉楼」と改名。
mukasino


◆現在の「得月楼」玄関と座敷
tokku5

 
◆喜久の座敷より中庭を望む
ike

「鬼龍院花子の生涯」では、故・夏目雅子さん(27歳で亡くなりました)がものすごくカッコ良くて、あの決めゼリフ!「なめたらいかんぜよ!」にしびれた人もけっこう多かったのではないでしょうか?



「わては、




高知の侠客!!




鬼龍院政五郎




の・・・・・




鬼政の娘じゃき




なめたら、




なめたら・・




いかんぜよ!」



dayonyaaaa


   どーも失礼しました!

数ある宮尾文学の映画化作品の中でも、個人的に一番好きな作品が「寒椿」です。 【この作品中にも先述の「陽暉楼」が頻繁に出てきます】

これは以前TVで放送されたのを見たのですが、これがもう思いがけず傑作な映画でした。
特に主演の西田敏行がものすごくいいんですよね。とても「釣りバカ日誌」のハマちゃんと同一人物だとは思えません。

         kanntonisikin

しかしこの作品は元アイドル?の南野陽子が、映画の中でヌードになったことから、その話題ばかりが先行してしまい、肝心のドラマ自体はそれほど高く評価されてなかったようです。

だけどホント、この作品は泣けます。いや泣かせます!(感動して泣くというよりも、男の生き様が切ないが故に共感して泣けるのです。)
肝心のあらすじはあえて書きません。
(とにかく見てからのお楽しみとゆうことで・・・?)

ちなみに、「陽暉楼」や「鬼龍院花子の生涯」の2作品に関しては五社英雄監督作品でしたが、「寒椿」は降旗隆夫監督がメガホンをとりました。

以前見たという方も、そうでない方にも,superwildsoulオススメの一本です。
ただいつもの事ですが、「それほど面白くなかった」とか言われても、当方は一切関知しません。
何せ珍・土佐日記流といえば、超テキトーなのは、


「あたりまえの事」


ですからあ~~!!

別窓 | 映画 | コメント:11 | トラックバック:1 |
| 珍・土佐日記ぜよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。