面白ければそれでいい。読めよ、読めばわかるさ。土佐の高知発!カルトな日記でおじゃるよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
■へんてこりん「動物的会話?」
サルでもわかる?

■「第4回土佐弁講座」

ええ~、今回の土佐弁は「動物編珍活用語」です。
一般的に高知の言葉にはやたら動物の鳴き声が混じります。
代表的なものとして・・・

「ニャー」:猫
「チュー」:ねずみ
「キー」:サル

この3通りの言い方があります。例えば・・

◆「知っチュー。」 =知っているの意

◆「そうよニャー。」=そうだよねの意

◆「食べるキー。」 =食べますの意

※高知へ来たら、地元ローカル人間の会話に耳を傾けてみましょう。それこそ至る所で・・・・
「ニャー、ニャー。チュー、チュー。キー、キー。」
動物語が飛び交い、そりゃあもううるさい事間違いありません!是非身をもって体験しましょう!




さて、今回の注目すべき「珍・土佐弁」をひとつ紹介します。

■■「いぬ」■■

kouchikouchikouchi



「いぬ」=「犬」ではなく、

これは標準語に訳すと「帰る」という意味になります。
では、この「いぬ」を使ったおっちゃん会話の具体例を
挙げてみましょう。

おそらくこの会話を、知らない人(県外人)が聞いたら、
ふつうのおじさんが突然発狂して、犬(いぬ)or(猫)
になってしまったかの如く、錯覚するに違いありません。


「わしゃあ、いぬ(犬) ぜよ! 」koinu

・・・・・「俺は帰るぞ!」



「えっ、いぬ(犬)かよ?」
    
・・・・・「えっ、帰るのかあ?」


「そうよニャア」 neko

・・・・・「そうなんだよ~」



「おんしほんまに、いぬ(犬)かよ?」 
    
・・・・・「お前ほんとに帰るのかあ?」   



「おう!いぬ(犬)、いぬ(犬)。」
    
・・・・・「おう!帰る帰る。」   



というわけで、また次回「土佐弁講座」でお会いしませう!!



kouchi

別窓 | 土佐弁講座 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<これが「土佐の高知の日本一!」 | 珍・土佐日記ぜよ! | ■なぜか唐突に「キリン」ですが・・・!>>
この記事のコメント
[]
土佐弁面白いヽ(゚∀゚)ノ

「帰る」がどうして「いぬ」になったのか気になります。

ところでいつか四国をぐるっと一週したいんですけど、
どのくらい時間かかりますか?
2006-10-25 Wed 19:24 | URL | たねこ #UNdPgs3A[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-10-25 Wed 22:19 | | #[ 内容変更]
ホント、土佐弁は奥深いです。「帰る」が何故「いぬ」になったか、その理由の方は自分にもさっぱりわかりません。(今度調べてみます)

それから・・・・「四国一周の時間」ですか?

う~ん、とても難しい質問ですね?
列車で周るのと、車で周るのとでもかなり違い
ますし・・・・!

四国って、小さいようでも周囲の距離だけでも
1000kmぐらいはありますし。
ひとつの県で有名な観光地をさっさと訪ねて、
そこで一泊するだけでも、まわれなくもないですが・・・・・・・・・
(それだと4泊5日でOK?)

できれば、一週間ぐらいかけて周った方が、色々楽しめていいんじゃあないでしょうか?
あまり参考にならなくてすみません。

でも、四国来るときはその前に「my blog」で観光地について質問してください。けっこう穴場は知っていますので、事前情報はバッチリです。
2006-10-25 Wed 22:30 | URL | superwildsoul #-[ 内容変更]
土佐弁いいですね。以前高知の室戸を舞台にした
映画「いなさの海」か「いさなの海」を見ました。
凄く早口ですよね。
「いぬ」ですが「いぬる」が縮まったものだと思いますよ。
感じで書くと「去ぬる」だと思います。
つまり「さる(去る)」という事ですね。

ではここで土佐弁を山口弁に変えちゃいます笑
「知っちゅー」→「知っちょる」
「そうよにゃー」→「それいのー」
「食べるきー」→「食べるけぇー」

ちなみに「いぬる」は山口でも還暦以上の
人には通じます。
「ほいじゃ、わしゃーいぬるけぇーの」
って感じです。
僕の世代だと「ほいじゃー帰るけぇー」です(^^)
2006-10-26 Thu 22:21 | URL | ようへい #-[ 内容変更]
初めまして、ようへいさん。
そうです。いぬ=イヌルで正解です。
「わしゃあ、いぬるぜよ!」はよく使われます。「イヌ」という言い方は、省略形で間違いありません。

それにしても「いさなの海」見たんですか?
高知に住んでる、自分でさえ見てませんヨ!
すごいですね。

で、以前から山口弁はとても高知弁に似ていると
思ってました。土佐弁も山口弁も平安時代あたりに使われていた古い言葉が、どうも廃れずに現在まで残っているみたいですね??(間違ってたらすみませんが・・・)
2006-10-26 Thu 23:56 | URL | superwildsoul #-[ 内容変更]
[]
高知と山口の言葉は文字で書くと結構似てますねよ。
僕は15年前ですが、高知を旅行したことがあります。
山口の柳井からフェリーで愛媛の松山に入って
あとは親父の車で周りましたよ。
炉辺で食べた本場のタタキは美味かったです。
高知では焼いたあと冷水に浸さないそうで
温かったです。足摺岬や、オオボケ・コボケとかにも
行きました。城や桂浜や、はりまや橋も。
はりまや橋で親父が歌ったうたはモチロン・・・
土佐~の~高知の~はりまや橋で~坊さん~・・・♪
2006-10-28 Sat 15:10 | URL | ようへい #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 珍・土佐日記ぜよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。